サバイバルin 広島&G-NET ハードエンデューロ


IMG_5674

どうしても制作させていただいた高橋ロッシ選手のデカールを見収めたくて、ハスクバーナ奈良の御一行に便乗させていたただき、行ってきました!

100台ものエントラントが一列に並ぶ様はまさに合戦!

IMG_5677

壮絶な戦いの火蓋が切られ、
スタート後わずかで森の中のキャンバーではいたるところでスタック祭り、沼に足をすくわれたライダー達が悶絶してました。

IMG_5682

さわやかなフラット林道を抜けるとヒルクライムが
スタック祭りから脱出したハスクバーナ奈良から参戦のローマンフミオ選手、ここでも難航してました。

即席チーム戦をしていましたが、バイクを引き上げる骨折中の手が心配・・・・

すると、ここで2周目を走るロッシ選手が!
さらりとヒルクライムをクリーンしてテージャス山方面へ向かうのでした。

この時点でロッシ選手はトップを走っていると思っていたのですが、実は河津選手に数分の先行を許していたようです。
2時間経過後のリザルトでは6分遅れ。

休息をはさみ、再び激戦が繰り広げられる森の中へ。
この際推しメンなど関係ありません。出会うライダーには全員激励の手をふりましたよ☆
皆さん、本当に「戦士」です!

そうこうしているうちにチェッカーが振られ、祈る気持ちでロッシ選手、ハスクバーナ奈良ならびにごきげんクラブ員のメンバーの帰りを待ちます。

IMG_5693

4周トップ通過したのは河津選手でした!
ロッシ選手はわずかに届かず1分15秒遅れでチェッカーとなりました。

ハスクバーナ奈良から参戦の山本礼人選手も4位で入賞しました!

IMG_5703

おめでとうございます。
そして、エントラントの皆様、運営スタッフの皆様、お疲れ様でした!

1位 河津 浩二
2位 高橋 ロッシ
3位 後藤 英樹
4位 山本 礼人
5位 和泉 拓
6位 熊本 悠太

結局ハスクバーナ奈良のジャービスタケヒロとローマンフミオは戻ってはこなかったのですが、ジャービスタケヒロは2周目で泥沼にはまるまでは、シンコータイヤの性能に助けられ(本人談)、絶好調だったようで、楽しんだみたいですね☆

礼人選手のハスクバーナインプレッションはのちほどーーー!

 

正式リザルト
http://www.sptadao.jp/?cn=100114

 


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です