WSB2008第7戦ニュルブルクリンク


今回も引き続き、芳賀選手は負傷を抱えてのレースとなってしまいましたね~でもレースは鎖骨骨折の手術をして数日とも経ってないとは思えない内容でした。
もうこれは、ファンならずとも注目しないわけにはいきません。その気合とガッツに拍手するしかありません!!
RACE-1では一度はトップの座をベイリスに奪われるのですが、イッパイイッパイのベイリスは痛恨のミス、芳賀選手は独走状態になり、そのまま1位でフィニッシュしました。
RACE-2では、ヤマハ勢2台のトップランデブー走行。コーサーも何度も芳賀の前に出ますが、なんと雨で中止、前の周回でのポジションでレース成立となりました。RACE-1の始まる前も雹が降っていたこともあり、全体的に天候の安定しないレースでした。
芳賀選手、Wウィンおめでとうございますぴかぴか(新しい)
スーパーバイク世界選手権2008第7戦ニュルブルクリンク リザルト
RACE-1
 1 芳賀/ヤマハ
 2 T・ベイリス/ドカティ
 3 M・ノイキルヒナー/スズキ
RACE-2
 1 芳賀/ヤマハ
 2 T・コーサー/ヤマハ
 3 M・ファブリッツィオ/ドカティ
CHAMPION SHIP STANDINGS
 1 T・ベイリス/227pt
 2 C・チェカ/164pt
 3 M・ノイキルヒナー/176pt
 4 芳賀/172pt


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です