ハスクバーナ奈良サポートライダー山本礼人選手が語る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

コメントまとめと、少し加筆しました!

■ハスクバーナ TE250

リンクがついているのと、サブフレームが樹脂で柔軟に対応ができるとのこと、リアに荷重を与えるとしなやかに運動します。

柔らかいからといって、破損しやすいというわけではなく、限界以上の力が加わると、パーツが外れるような構造になっているようです。

腰を痛めやすいハードエンデューロのライダーにもやさしい絶妙な柔軟加減が長時間に渡る過酷なレースをサポートしてくれそうですね。

■RG3&SHINKO

ハスクバーナ奈良のジャービスタケヒロ氏によると、国産アルミフレームのバイクと海外クロモリフレームのバイクではサスペンションの設定や考え方が根本的に異なるらしいです。

トラビス・パストラーナも愛用しているという20年分のデータであらゆるシーンにベストマッチするセットが実現するということが礼人選手のリザルトからも納得できます。

今回G-NETに初参戦したジャービスタケヒロ氏もその適応能力が常人を逸しているのですが、RG3やシンコータイヤとのマッチングも良かったようで、スタートする前に「1周できるかわからない」の発言を完全にくつがえす26位で1周目周回という快挙をなしとげましたしね(2周目で沼にハマって1時間かけて自力で脱出するという記憶に残るレースにもなりましたけど)。

高橋ロッシ選手のBETA移籍発表で、世間はBETAブームですが、XTRANERは国内では非常に入手しにくいらしいので、こちらも検討の余地アリ??

今週末は神戸で開催の全日本モトクロス!

モトクロスIB下村里駆選手のハスクバーナ奈良×RG3×SHINKOの最強タッグに期待大ですね☆

■山本礼人選手の直のコメント(再現Vにだいぶミスってますが・・・不自然な点は指摘しないでw)

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

Leave a Reply